スプレッドシートで正規表現を使用する

活用方法

今回はスプレッドシートで正規表現を使用する方法を解説する。

まずは正規表現の定義について解説する。

正規表現とは?

正規表現とは、「文字、数字、記号などの文字列を一つのパターンで表現するための表現方法」だ。

正直この説明だと、意味が分からないだろう。

しかし、スプレッドシートユーザーが、正規表現が使えるようになると業務効率が上がるだろう。

スプレッドシートで正規表現を使用する方法

正規表現を使用するには、メニューバーの「検索と置換」またはCtrl+Hで「検索と置換」を開きます。

「大文字と小文字の区別」と「正規表現を使用した検索」にチェックを入れたら正規表現が使えるようになる。

例の赤枠の「東京|大阪」が正規表現だ。意味は「東京または大阪」です。

正規表現で使える4つの関数

REGEXMATCH関数

正規表現に一致するテキストの一部を検索します。

REGEXEXTRACT関数

正規表現と最初に一致する部分文字列を抽出します。

REGEXREPLACE関数

正規表現を使用して、テキスト文字列の一部を別のテキスト文字列に置き換えます。

QUERY関数

Google Visualization API のクエリ言語を使用して、データ全体に対するクエリを実行します。

スプレッドシートが大好き!
毎日黒酢とナッツを摂取し、週2回以上ジムに行っています。
仕事がある日は、基本的にお昼ご飯は食べません。
節約と眠くなるのを防止するためです。
お腹がすいたらコーヒーを飲み、ガムを噛みます。
そんな成人男性です。

Demonをフォローする
活用方法
Demonをフォローする
Googleスプレッドシートハック

コメント