スプレッドシートで時間を足し算する方法を解説

操作
この記事は約2分で読めます。

今回はスプレッドシートで時間を足し算する方法について解説する。

スプレッドシートで時間を足し算する時には足し算やSUM関数を使用するが、24時間を超える足し算をする場合には注意点がある。

時間を足し算する方法

+を使った時間の計算

「+」を使用して時間の計算を行う。

以下のシートでは、B2とB3の足し算を、「=B2+B3」と入力して計算している。

SUM関数を使った時間の計算

SUM関数を使用しても時間の計算は可能だ。

以下のシートでは、B2とB3の足し算を、「=SUM(B2:B3)」と入力して計算している。

24時間以上の時間の計算

ここまでは24時間以下の時間の計算を行ってきたが、次は24時間以上の時間の計算を行う。

B2からB5の時間をSUM関数で足し算した結果、「13:14:40」と表示された。

しかし、この計算結果は明らかに誤りで、正しい計算結果は「37:14:40」だ。

24時間以上の足し算を行う場合は「経過時間」を選択

なぜ誤りの誤った計算結果が出てきたのかを解説する。

スプレッドシートの仕様上「24時間以上の計算の場合は余りの時間」が表示されてしまうのだ。

B2からB5の時間の足し算の正しい答えは「37:14:40」だが、24時間を超えるため、「37:14:40-24:00:00=13:14:40」と自動的に計算されてしまう。

そのため、24時間以上の計算を行う場合は、「表示形式」→「数字」→「経過時間」と設定を変更する必要がある。

「経過時間」を選択した結果、「37:14:40」と正しい計算結果が得られてた。

24時間以上の計算を行って際に、正しい計算結果が得られない場合は、「表示形式」が「経過時間」になっているかを確認してみてくれ。

この記事を書いた人

スプレッドシートが大好き!
毎日黒酢とナッツを摂取し、週2回以上ジムに行っています。
仕事がある日は、基本的にお昼ご飯は食べません。
節約と眠くなるのを防止するためです。
お腹がすいたらコーヒーを飲み、ガムを噛みます。
そんな成人男性です。

Demonをフォローする
操作
Demonをフォローする
Googleスプレッドシートハック

コメント