スプレッドシートでマクロを使う方法を解説

未分類

マクロと言えば、Excelのイメージが強いかもしれない。

しかし、スプレッドシートでもマクロは使うことは可能だ。

今回はスプレッドシートでマクロを使う方法について解説する。

マクロを記録する

マクロを記録することから始める。

新規でスプレッドシートを開いてくれ。

スプレッドシート名をMacroに変更

A1セルにtestと入力してくれ。

スプレッドシートのマクロ機能はユーザーが行った操作をApps Scriptのスクリプトで記録してくれる。

スプレッドシート上部のメニューの[ツール]→[マクロ]→[マクロの記録]を選択してくれ。

スプレッドシートに「新しいマクロを記録しています」というバーが表示されるはずだ。

「マクロを保存しました」と表示されればマクロの記録は完了だ。

マクロ実行

次に記録したマクロを実行するための手順を解説する。

[ツール]→[マクロ]を選択すると、記録したマクロが一覧で確認できます。

先ほど作成した「マクロ1」を選択してくれ。

Windowsは、[Ctrl]+[Shift]+[Alt]+[1]、Macは[command]+[option]+[Shift]+[1]で実行できます。

[マクロを記録]を選択すると、以下のようなメッセージが表示されるが、そのまま「続行」を選択だ。

次に[許可]を選択だ。

家電販売員・WEBコンサルタントを経験した知識を活かしてもっと日本のITリテラシーを高めるお手伝いがしたいガジェットオタク。
PC周辺機器からソフトウェア・ツールまであらゆる情報を発信します。

Nippieをフォローする
未分類
Nippieをフォローする
Googleスプレッドシートハック

コメント