スプレッドシートとエクセルの変換方法を解説

活用方法

スプレッドシートの便利機能の一つに、「スプレッドシートからエクセルへの変換」「エクセルからスプレッドシートへの変換」がある。

今回は、スプレッドシートとエクセルの変換について解説していくぞ。

スプレッドシートからエクセルへの変換

「ファイル」→「ダウンロード」→「Microsoft Excel(.xlsx)」を選択してくれ。

選択すると、次の画像のようにエクセル形式のファイルがダウンロード出来ているはずだ。

エクセルからスプレッドシートへの変換

先ほどの逆で次は 「エクセルからスプレッドシートへの変換」 について解説する。

「エクセルからスプレッドシートへの変換」については、少し癖がある。

というのも、どんなエクセルでもスプレッドシートに変換できるわけではないからだ。

エクセルからスプレッドシートへの変換は、「Googleドライブにエクセル形式のファイルが保存されている場合」に限って有効だ。

「Googleドライブ」を開いて、エクセル形式のファイルを選択すればOKだ!

では画像付きで解説するぞ。

エクセルからスプレッドシートへの変換の手順

まずはGoogleドライブを開いてくれ。次に開きたいエクセル形式のファイルを選択だ。

「エクセル形式のファイル」にはファイル名の最後に「.xlsx」と記載があるぞ。

選択すると、次のような画面が出てくることがある。(出てこないこともある。)

どちらも任意で選択してくれ。

ただし「表示専用」は閲覧のみで、編集ができないぞ。

編集したい場合は、「Googleスプレッドシートで編集」を選択してくれ。

先ほどの画面が出てこない場合は、下記の画面に遷移する。何もせず数秒まつと、エクセル形式のファイルが開くぞ。

下記は、エクセル形式のファイルが無事開かれた画面だ。

シート名の右横には「エクセル形式のファイル」の証明である「.xlsx」と記載があれば、「エクセルからスプレッドシートへの変換」は成功だ!

スプレッドシートが大好き!
毎日黒酢とナッツを摂取し、週2回以上ジムに行っています。
仕事がある日は、基本的にお昼ご飯は食べません。
節約と眠くなるのを防止するためです。
お腹がすいたらコーヒーを飲み、ガムを噛みます。
そんな成人男性です。

Demonをフォローする
活用方法
Demonをフォローする
Googleスプレッドシートハック

コメント