スプレッドシートで文字数を調べる方法【LEN・LENB関数】

関数
この記事は約2分で読めます。

スプレッドシートは表計算だけでなく、テキストをカウントする機能も備わっている。

今回はスプレッドシートのセルの文字数が何文字か数える方法を解説する。

スプレッドシートで文字数を調べる方法2選

文字数を数える場合に使う関数は「LEN関数」と「LENB関数」だ。

LEN関数の使い方

=LEN(検索する文字列)

LEN関数は指定したセル内の文字数をカウントする関数だ。

LEN関数のLENは英語の「length」が由来している。

LEN関数は半角も全角もどちらも1文字として数える。

LENB関数の使い方

=LENB(検索する文字列)

LEN関数は半角も全角もどちらも1文字として数えるのに、対してLENB関数は文字数ではなく、指定したセル内のバイト数をカウントする関数だ。

バイト数の場合、全角は2バイト(文字)、半角は1バイト、改行は2バイトとカウントされるぞ。

ちなみにLENBの「B」は「Byte」を意味している。

半角・全角の数える方法【LEN関数】

LEN関数はスプレッドシートでセルの文字数をカウントするだ。

=LEN(“数えたい文字列”)

下記のシートのA2「お前はもう死んでいる」をカウントしたい場合は、「=LEN(A2)」と入力だ。

上手くいくと文字数がカウントされる。

他の名言の文字数もカウントしたい場合は、A2の右下にカーソルを合わせて下方向にA6までドラッグすれば関数をコピーすることができる。

ちなみにこのドラッグ操作を「オートフィル」と呼ぶの覚えておいてくれ。

バイト数を数える方法【LENB関数】

次はLENB関数で「バイト数」を数える方法だ。

バイト数は半角1文字、全角文字2文字、改行2文字とカウントされる。

下記シートのA2「お前はもう死んでいる」を計算したい場合は、「=LENB(A2)」だ。

他の名言の文字数もカウントしたい場合は、A2の右下にカーソルを合わせて下方向にA6までドラッグすれば関数をコピーすることができる。

この記事を書いた人

スプレッドシートが大好き!
毎日黒酢とナッツを摂取し、週2回以上ジムに行っています。
仕事がある日は、基本的にお昼ご飯は食べません。
節約と眠くなるのを防止するためです。
お腹がすいたらコーヒーを飲み、ガムを噛みます。
そんな成人男性です。

Demonをフォローする
関数
Demonをフォローする
Googleスプレッドシートハック

コメント