条件に一致するセルを数えるCOUNTIF関数

関数

スプレッドシートで条件似合うセルの個数を数える場合に使うCOUNTIF関数・COUNTIFS関数について紹介する。

COUNTIF関数の使い方

=COUNTIF(範囲,検索条件)

1つの条件に一致するセルを数える方法

下記シートのB8「チョコを貰った」、B9「チョコを貰えなかった」のセルに適切な数字を入力したい。

B8には=COUNTIF(B2:B6,B4)または=COUNTIF(B2:B6,”〇”)と入力だ。

範囲はB2からB6をカウントしたいのでB4を選択だ。

ちなみにB4の代わりに直接“〇”と入力してもいいぞ。

チョコを貰った人数を「2」とカウントできた。

次はB9「チョコを貰えなかった」を計算する。

ここで注意すべきなのが、=COUNTIF(B2:B6,B4)をオートフィルすると、誤りが生じるということだ。

オートフィルをすると、計算ミスが起こる。

=COUNTIF(B2:B6,B4)をオートフィルすると、=COUNTIF(B3:B7,B5)が生まれる。

しかし、これだとB2からB6の範囲からずれてしまっている。

正しくは、オートフィルを使わずに=COUNTIF(B2:B6,B2)と入力だ。

スプレッドシートが大好き!
毎日黒酢とナッツを摂取し、週2回以上ジムに行っています。
仕事がある日は、基本的にお昼ご飯は食べません。
節約と眠くなるのを防止するためです。
お腹がすいたらコーヒーを飲み、ガムを噛みます。
そんな成人男性です。

Demonをフォローする
関数
Demonをフォローする
Googleスプレッドシートハック

コメント