スプレッドシートのSUM関数で合計・足し算・集計を行う

スプレッドシートのSUM関数で合計・足し算・集計を行う数学

Googleスプレッドシートで足し算や合計を計算する場合、Excelと同じSUM関数を使用します。
誰しもが表計算ソフトを使用したときに初めて使う関数の一つですね。

条件に合致したセルだけを合計したい場合は「SUMIF関数」、複数条件に合致したセルだけを合計したい場合は「SUMIFS関数」がありますので、そちらを参照してください。

SUM関数とは?

指定したセル同士の合計を計算します。セル1つずつ指定するもよし、範囲で選択して範囲内の合計を計算することもできます。

関数例

SUM(値1, [値2, …])

概要

一連の数値またはセルの合計を返します。

補足

  • 値1 に 1 個の数値のみを指定する場合、SUM 関数は値1 を返します。
  • SUM 関数には通常 30 までの引数を指定できますが、Google スプレッドシートのこの関数では任意の数の引数を指定できます。

SUM関数の使い方

SUM関数を入力し、合計したいセルをマウスでクリックして指定するか、キーボードで指定します。

=SUM(A1, A2)

カッコ内の赤文字が指定したセルです。A1:A5のように範囲指定することもできます。
簡単ですね。

SUM関数の活用

「え?SUM関数も知らないの?大丈夫?」
と言われてしまった初心者のあなたに盛大に見返すためのとっておきを教えます。

ARRAYFOMULA関数と組み合わせましょう。

ARRAYFOMULA関数と組み合わせることで、1列全てを指定したセル同士の合計を計算できます。
管理表にSUM関数を使う場合など、今後の運用に置いて、次々セルに数値を追記していくスプレッドシートなどに威力を発揮します。

1度ARRAYFOMULA関数+SUM関数を入力しておけば、以降は自動的にセルが計算されますので管理の面に置いても効率的です。

練習問題

Google スプレッドシート: ログイン
Google スプレッドシートには、無料の Google アカウント(個人ユーザー向け)または Google Workspace アカウント(ビジネス ユーザー向け)でアクセスできます。

まとめ

初心者には避けては通れないSUM関数ですが、他の関数と併用することでいろいろ使い道の幅が広いのも事実です。学生さんや、新社会人もSUM関数は知っておいて、最低限供えるようにしましょう。