DAYS360の使い方

日付
この記事は約1分で読めます。

今回はDAYS360について解説する。

DAYS360関数は1年を360日と仮定して期間内の日数を求める関数だ。

DAYS360関数とは?

1 年を 360 日として(利率の計算で使用されます)、2 つの日付の間の日数を返す関数だ。

ナスダック(NASDAQ)のNASD方式1ヶ月を30日として計算したい時に用いられることが多い。

NASD方式は、米国NASD「アメリカ証券業協会」で採用されている日数計算方式だ。

DAYS360関数の使い方

使用例

DAYS360(DATE(1969,7,16),DATE(1969,7,24),1)

DAYS360(A2,A3)

DAYS360(1,270,1)

DAYS360 - ドキュメント エディタ ヘルプ
1 年を 360 日として(利率の計算で使用されます)、2 つの日付の間の日数を返します。 使用例 DAYS360(DATE(1969,7,16),DATE(1969,7,24),1) DAYS360(A2,A3) DAYS360(1,

DAYS360関数の活用方法

2000年1月1日から2100年1月1日までの期間を計算する場合は、

=DAYS(A3,A4)だ。

 

この記事を書いた人

スプレッドシートが大好き!
毎日黒酢とナッツを摂取し、週2回以上ジムに行っています。
仕事がある日は、基本的にお昼ご飯は食べません。
節約と眠くなるのを防止するためです。
お腹がすいたらコーヒーを飲み、ガムを噛みます。
そんな成人男性です。

Demonをフォローする
日付関数
Demonをフォローする
Googleスプレッドシートハック

コメント