GOOGLETRANSLATE関数で自動翻訳する方法を解説

Google

GOOGLETRANSLATEの使い方

GOOGLETRANSLATE(テキスト, [ソース言語, ターゲット言語])

テキスト:翻訳したいセルを選択。

ソース言語:テキストで選択したセルに入ったテキストの言語を入力。

ターゲット言語:翻訳したい言語を入力。

主な言語コード

言語言語コード
アラビア語ar
英語en
韓国語ko
スペイン語es
中国語zh
ドイツ語de
日本語ja
ヒンドゥー語hi
フランス語fr
ロシア語ru

GOOGLETRANSLATEを実際に使ってみる

=GOOGLETRANSLATE(A2,”EN”,”JA”)

セルA2の英語を日本語に翻訳するという意味になる。

GOOGLETRANSLATEデメリット!翻訳精度はまだ微妙

GOOGLETRANSLATE関数は便利だが、欠点がある。それは翻訳精度が低いということだ。

例えば、以下の画像を見てほしい。

少しマニアックなアリクイというアリを食べる動物を表す英語3つを翻訳してみた。

本来はすべて「アリクイ」と変換されるべきだが、どれも変な日本語になっている。

GOOGLETRANSLATE関数を使う場合は、手直しが必要な場合があると理解した上で使用してほしい。

スプレッドシートが大好き!
毎日黒酢とナッツを摂取し、週2回以上ジムに行っています。
仕事がある日は、基本的にお昼ご飯は食べません。
節約と眠くなるのを防止するためです。
お腹がすいたらコーヒーを飲み、ガムを噛みます。
そんな成人男性です。

Demonをフォローする
Google関数
Demonをフォローする
Googleスプレッドシートハック

コメント