日付から曜日を表示するWEEKDAY関数の使い方

日付
この記事は約2分で読めます。

今回はWEEKDAY関数について解説する。

WEEKDAY関数とは?

指定した日付に対応する曜日を数値で返す。

WEEKDAY関数の使い方

関数の式:

=WEEKDAY(シリアル値,種類)

日付 – 曜日を検証する日付です。日付を含むセルへの参照、日付の種類を返す関数、または数値を指定します。

種類 – [省略可 – デフォルトは 1] – 曜日を表すのに使用する番号方式を数値で指定します。デフォルトでは、日曜日を先頭にして数えます(日曜日 = 1)。

種類が 1 の場合、曜日を日曜日から数え始めて日曜日の値を 1 とするため、土曜日の値は 7 となります。

種類が 2 の場合、曜日を月曜日から数え始めて月曜日の値を 1 とするため、日曜日の値は 7 となります。

種類が 3 の場合、曜日を月曜日から数え初めて月曜日の値を 0 とするため、日曜日の値は 6 となります

WEEKDAY関数の種類一覧表

表で書くと以下の通りだ。

種類「1」1234567
種類「2」7123456
種類「3」6012345

とくにこだわりがない場合は、種類「1」または記載なしで書くことをおすすめする。日本人に一番なじみのある付番だろう。

WEEKDAY関数の使用例

WEEKDAY(DATE(1969,7,20))

WEEKDAY(A2)

WEEKDAY(40909)

WEEKDAY(40909,3)

WEEKDAY - ドキュメント エディタ ヘルプ
指定した日付に対応する曜日を数値で返します。 使用例 WEEKDAY(DATE(1969,7,20)) WEEKDAY(A2) WEEKDAY(40909) WEEKDAY(40909,3) 構文 WEEKDAY(日付, )

WEEKDAY関数の活用方法

 

 

この記事を書いた人

スプレッドシートが大好き!
毎日黒酢とナッツを摂取し、週2回以上ジムに行っています。
仕事がある日は、基本的にお昼ご飯は食べません。
節約と眠くなるのを防止するためです。
お腹がすいたらコーヒーを飲み、ガムを噛みます。
そんな成人男性です。

Demonをフォローする
日付関数
Demonをフォローする
Googleスプレッドシートハック

コメント